MENU

葉酸欠乏症の症状について

葉酸欠乏症とは、葉酸の摂取不足や吸収障害
利用効率の非効率化、アルコールの過剰摂取などが原因として発生するものです。
主としてあらわれてくる症状は、症状は貧血が最も顕著です。

 

というのは、ビタミンB12と共に血を作る作用に関与していますので、足らなくなると貧血になるのです。
しかも、鉄欠乏性のものとは違って、正常な赤血球ができないという性質のものですので
悪化すると、悪性貧血にまでなってしまう恐れが否定できません。

 

過去には、悪性貧血といえば原因が不明とされ治療法がありませんでしたので、死に至る病気と位置づけられていたほどです。
最近では、原因が解明されていますので、ビタミンB12の注射で治療することが可能です。

 

ほかにも、動脈硬化の原因の一つであるホモシステインの血中濃度が上がりますので、動脈硬化のリスクが高まるのです。
葉酸が足らなくなってきたときに見られる現象としては、立ちくらみや疲労感
手足の痺れや震え、抑うつ、食欲不振などに見舞われます。

 

とりわけ、口や舌、腸管粘膜などといった、細胞の入れ替わりサイクルが早いところに、不具合がよく見られるようになります。
葉酸欠乏症にはこのような症状が見られますので、防止する意味からも
たとえばサプリメントでの補給を試みている人も少なくありません。