MENU

葉酸の豆知識:葉酸と動脈硬化

葉酸は、ほうれん草の抽出物から発見された水溶性のビタミンB群のひとつです。

 

動脈硬化は心臓病や脳梗塞につながる恐れがあり、血液中にホモシステインという物質が増えると発生する要因のひとつであることは知られています。

 

ホモシステインとは、アミノ酸の一種で、タンパク質を分解する際に作られるため健康な場合でも血液中に存在します。

 

加齢や女性は閉経後、遺伝的疾患などによりホモシステインの濃度が上昇します。

 

ホモシステインが血液中に過剰になると大量の活性酸素を発生して、悪玉コレステロールを酸化LDLにし、酸化LDLの量が多くて処理しきれない場合に血管に壁をつくり、血管の内側が狭くなり動脈硬化になるのです。

 

ホモシステインを減らすことができるビタミンが葉酸です。適切な量を摂取することでホモシステインの濃度を約90%下げることが可能になり、血管年齢を若くすることに繋がります。

 

さらに葉酸の働きをサポートするにはビタミンB12などと一緒に摂るとさらに効果が期待できます。

 

葉酸は動脈硬化の予防の他に妊婦にも必要な栄養素です。食事から充分に摂取することが難しい栄養素でもあるため、サプリメントなどを活用して積極的に取り入れると良い栄養素なのです。