MENU

葉酸と神経管閉鎖障害

葉酸が妊婦さんに良い、と言われている理由ですが、それはお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を発症してしまうリスクを軽減する上で効果的だとされているからです。

 

葉酸が不足してしまうと、二分脊椎などの神経管閉鎖障害をもつ奇形児が生まれるリスクが高くなります。

 

そして葉酸を最も多く摂取すべき時期は妊娠初期だといわれています。

 

妊娠初期の期間は、生理がこないな…なんて思っている間にすでに過ぎてしまっていることも多いです。

 

そのため、妊娠に気付いてからではもう遅い、ということも多いですので、妊娠をする前から前もって飲んでおく、というのが理想的なのです。

 

つまり、子作りを計画した段階から、張り切って葉酸サプリを飲んでおくようにしましょう。

 

こういった理由から、葉酸は妊娠をするうえで重要な栄養素である、ということがよく知られるようになったのです。

 

しかし、1つ間違ってはいけないことがあります。

 

それは、葉酸には妊娠の確立を上げる、という効果はありません。

 

あくまでも妊娠をしてからお腹で育つ胎児にプラスになる栄養素である、ということを忘れないでください。

 

妊娠をしたいと思った時から葉酸を飲み始める!

 

これが重要になりますので、よく覚えておきましょう。